善柔(読み)ゼンジュウ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐じゅう〔‐ジウ〕【善柔】

表面は柔和で、内心は誠意のないこと。また、その人。
「苦言を悪み―を好し」〈阪谷素明六雑誌四三〉
善良で気の弱いこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんじゅう【善柔】

内心にまごころなく、外面の柔和なこと。また、その人。 「且苦言を悪み-を好し我欲を達する/明六雑誌 43
善良だが気が弱いこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐じゅう ‥ジウ【善柔】

〘名〙
外面は柔和だが、内心にまごころがないこと。また、その人。表面で柔和をよそおい、へつらうこと。また、その人。〔文明本節用集(室町中)〕 〔論語‐季氏〕
② 善良で気の弱いこと。
※談義本・世間万病回春(1771)四「又善柔(ゼンヂウ)とは善悪は随分がてんながらも我勝手なる事には悪とはしりてもさけんとせず善としりてもすすまんとせず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善柔の関連情報