コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜州玄欣 きしゅう げんきん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜州玄欣 きしゅう-げんきん

?-1536 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)豊島郡(東京都)青松寺の開祖雲岡舜徳(うんこう-しゅんとく)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,青松寺,武蔵入間郡(埼玉県)竜穏(りゅうおん)寺,相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺の住持をつとめた。天文(てんぶん)5年9月20日死去。飛騨(ひだ)(岐阜県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

喜州玄欣の関連キーワードヘンリー(8世)長尾為景少弐資元タリコナヘンリー8世恩寵の巡礼ブラチスラバ宗教改革史(年表)Nexus9近衛前久

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone