コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜州玄欣 きしゅう げんきん

1件 の用語解説(喜州玄欣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜州玄欣 きしゅう-げんきん

?-1536 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)豊島郡(東京都)青松寺の開祖雲岡舜徳(うんこう-しゅんとく)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,青松寺,武蔵入間郡(埼玉県)竜穏(りゅうおん)寺,相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺の住持をつとめた。天文(てんぶん)5年9月20日死去。飛騨(ひだ)(岐阜県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

喜州玄欣の関連キーワード曹洞廓翁宗周箕外需糠喜山宗忻規川宗策亀洋宗鑑笑顔正忻竹翁宗松提室智闡伝葉善迦

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone