コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喬冠華 きょうかんか Qiao Guan-hua

2件 の用語解説(喬冠華の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喬冠華
きょうかんか
Qiao Guan-hua

[生]1913. 江蘇
[没]1983.9.22. 北京
中国の政治家,ジャーナリスト清華大学卒業後日本やドイツに留学。帰国後抗日運動に参加。『新華日報』で活動し,国共内戦中,ホンコンで新華分社を経営。 1949年中央人民政府委員会弁公庁副主任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喬冠華
きょうかんか / チヤオコワンホワ
(1912/1913―1983)

中国の外交官。江蘇(こうそ/チヤンスー)省塩城県出身。北京(ペキン)の清華大学卒業後、日本の東京帝国大学に2年間留学。仏独にも留学。抗日戦争中に帰国し、中国共産党入党。重慶(じゅうけい/チョンチン)で党機関紙『新華日報』記者を務める。1949年北京で政府弁公庁副主任、情報局長。1950年外務省アジア局長代理として台湾問題国連安保理事会に出席。1954年外務次官補となり、1961年ラオス中立に関するジュネーブ会議代表団員、1964年外務次官、1971年国連復帰時の中国首席代表、1974年外相に就任。1976年「四人組」支持者として失脚したが、1983年対外友好協会顧問。同年9月に死去。[高市恵之助・渋谷 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喬冠華の関連キーワード朱昴之階乗江蘇省N江蘇没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone