コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉峪関塼室墓 かよくかんせんしつぼJiā yù guān zhuān shì mù

世界大百科事典 第2版の解説

かよくかんせんしつぼ【嘉峪関塼室墓 Jiā yù guān zhuān shì mù】

中国,甘粛省嘉峪関市の東方約20kmの砂漠中に,南北20km,東西3kmにわたって存在する漢・魏・晋代の墓群。そのうち1972‐73年調査の6基と77年調査の1基に彩色壁画がある。地表には墓域を画す石囲いがあり,中に封土墓が数基築かれている。墓道は長大で,彫塼で飾った墓門,塼築方形でドーム式天井の前・中室,長方形でアーチ式天井の後室をもつ。前室に耳室を設けるほか,壁龕をもつものもある。壁画は方塼(36cm×17cm)1個に1場面を描くが,数個にまたがる大画面もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

嘉峪関塼室墓の関連キーワード鈴木雄介森岡紘一朗競歩山崎勇喜ラージャスターンの丘陵要塞群オゾン層競歩グアンタナモ湾バランキヤサラエボ・オリンピック冬季競技大会

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android