コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉峪関塼室墓 かよくかんせんしつぼJiā yù guān zhuān shì mù

1件 の用語解説(嘉峪関塼室墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かよくかんせんしつぼ【嘉峪関塼室墓 Jiā yù guān zhuān shì mù】

中国,甘粛省嘉峪関市の東方約20kmの砂漠中に,南北20km,東西3kmにわたって存在する漢・魏・晋代の墓群。そのうち1972‐73年調査の6基と77年調査の1基に彩色壁画がある。地表には墓域を画す石囲いがあり,中に封土墓が数基築かれている。墓道は長大で,彫塼で飾った墓門,塼築方形でドーム式天井の前・中室,長方形アーチ式天井の後室をもつ。前室に耳室を設けるほか,壁龕をもつものもある。壁画は方塼(36cm×17cm)1個に1場面を描くが,数個のにまたがる大画面もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

嘉峪関塼室墓の関連キーワード競歩パトリオットPAC-3防空システム弾道ミサイル防衛小惑星海洋大循環天気予報新潟県中越地震カルデラ山体崩壊オフサイトセンター

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone