コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉永明治年間録 かえいめいじねんかんろく

2件 の用語解説(嘉永明治年間録の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かえいめいじねんかんろく【嘉永明治年間録】

幕末の政治・経済に関する記録。吉野真保編。一七巻。1869年(明治2)成立。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嘉永明治年間録
かえいめいじねんかんろく

吉野真保編。1852年(嘉永5)から68年(明治1)までの編年体の史料集。著者の序(明治2年2月)によると『泰平(たいへい)年表』の後を受けて編纂(へんさん)したという。収録の史料は幕末維新17年間の公私の文書で、朝廷や幕府に関するものをはじめ、政治、経済、外交、軍事から巷間(こうかん)のできごと、雑説に至るまで、1年1巻に年月を追って編集し、17巻よりなる。編者は武蔵(むさし)国埼玉郡に生まれ、多年にわたり、本書編纂のため昼夜を分かたず成稿に努め、明治3年、51歳で没した。この編年史料集の特色は、巷間のできごと、雑説類の史料を収めたところにあり、類書にみられないものもままある。成稿は69年だが、71年勅命により浄書献上。しかし、73年の皇居炎上で焼失したという。遺稿は83年に刊行され、子息の真幹の跋文(ばつぶん)(1878)を付している。1968年(昭和43)巌南堂(がんなんどう)書店より復刻、解題は布施弥平治(ふせやへいじ)[田中 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone