コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四三の星 しそうのほし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四三の星
しそうのほし

北斗七星和名の一つ。北斗のますの部分を4星,柄の部分を3星とみて名づけたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しそう‐の‐ほし〔シサウ‐〕【四三の星】

北斗七星のこと。一説に、オリオン座とも。
「空さへ曇りたれば、―も見えず」〈義経記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しそうのほし【四三の星】

〔四と三の和が七であるところから〕
北斗七星の異名。一説にオリオン座。 「空さへ曇りたれば、-も見えず/義経記 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四三の星の言及

【星】より

…略して〈一つ星〉ともいう。文献では,伊予の水軍,能島家伝の《日和見様》に,〈四三の星,一つ星などとて用るは船中にて方角を知らん為也〉とあるのが古い。また,〈北の星〉〈北の明星〉と呼んでいる地方もある。…

※「四三の星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android