コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四三の星 しそうのほし

大辞林 第三版の解説

しそうのほし【四三の星】

〔四と三の和が七であるところから〕
北斗七星の異名。一説にオリオン座。 「空さへ曇りたれば、-も見えず/義経記 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四三の星の言及

【星】より

…略して〈一つ星〉ともいう。文献では,伊予の水軍,能島家伝の《日和見様》に,〈四三の星,一つ星などとて用るは船中にて方角を知らん為也〉とあるのが古い。また,〈北の星〉〈北の明星〉と呼んでいる地方もある。…

※「四三の星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android