四季の詠(四季の眺)(読み)しきのながめ

世界大百科事典 第2版の解説

しきのながめ【四季の詠(四季の眺)】

長唄,地歌箏曲,山田流箏曲の曲名。(1)四季の詠 長唄の曲名。作詞末広。作曲12世杵屋(きねや)六左衛門。本名題《御注文色取隅田川(ごちゆうもんいろどりすみだがわ)》,1872年(明治5)初演。春の隅田川の桜に始まり,花川戸の雪の描写まで四季おりおりの隅田川付近の風物をまとめた作品。(2)四季の眺 地歌・箏曲の曲名。三弦松浦検校,箏は八重崎検校作曲の京風手事物。《宇治巡り》《深夜の月》《四つの民》とで〈松浦四つ物〉とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android