コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四季の詠(四季の眺) しきのながめ

1件 の用語解説(四季の詠(四季の眺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しきのながめ【四季の詠(四季の眺)】

長唄,地歌・箏曲,山田流箏曲の曲名。(1)四季の詠 長唄の曲名。作詞末広。作曲12世杵屋(きねや)六左衛門。本名題《御注文色取隅田川(ごちゆうもんいろどりすみだがわ)》,1872年(明治5)初演。春の隅田川の桜に始まり,花川戸の雪の描写まで四季おりおりの隅田川付近の風物をまとめた作品。(2)四季の眺 地歌・箏曲の曲名。三弦は松浦検校,箏は八重崎検校作曲の京風手事物。《宇治巡り》《深夜の月》《四つの民》とで〈松浦四つ物〉とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四季の詠(四季の眺)の関連キーワード今井慶松地歌千鳥の曲山田流岡康砧津山撥加藤柔子白勢高実高橋栄清(2代)萩原正吟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone