コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治巡り うじめぐり

2件 の用語解説(宇治巡りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇治巡り
うじめぐり

地歌・箏曲の曲名。松浦検校作曲の京風手事物。『四季の眺』『四つの民』『深夜の月』とともに「松浦の四つ物」の一つ。箏の手付は八重崎検校。田中幸次作詞。宇治茶の銘柄を綴りながら,前歌を春,中歌を夏,後歌を秋に配して叙景する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うじめぐり【宇治巡り】

地歌・箏曲の曲名。三弦は松浦検校,箏は八重崎検校作曲。京風手事(てごと)物の代表作で,〈松浦四つ物〉(他に《四季の眺》《深夜の月》《四つの民》)の一つ。手事が前後2回ある大曲。作詞は京都の田中幸次で,宇治茶の銘を全体に詠み込んでいる。調弦は,三弦が本調子。中歌から二上り,後歌で高三下りとなる。箏は半雲井調子に始まり,最初の手事の途中で斗を半音上げ,為を1音下げた平調子にいったん変わり,半雲井に戻ったあと中歌から平調子,後歌から中空(なかぞら)調子になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone