コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治巡り うじめぐり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇治巡り
うじめぐり

地歌・箏曲の曲名。松浦検校作曲の京風手事物。『四季の眺』『四つの民』『深夜の月』とともに「松浦の四つ物」の一つ。箏の手付は八重崎検校。田中幸次作詞。宇治茶の銘柄を綴りながら,前歌を春,中歌を夏,後歌を秋に配して叙景する。前歌-手事 (マクラ・手事・チラシ) -中歌-手事 (マクラ・手事・チラシ) -後歌という構成。三弦は本調子から中歌で二上り,後歌で三下り。箏は半雲井調子から平調子,中空調子と変る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うじめぐり【宇治巡り】

地歌・箏曲の曲名。三弦は松浦検校,箏は八重崎検校作曲。京風手事(てごと)物の代表作で,〈松浦四つ物〉(他に《四季の眺》《深夜の月》《四つの民》)の一つ。手事が前後2回ある大曲。作詞は京都の田中幸次で,宇治茶の銘を全体に詠み込んでいる。調弦は,三弦が本調子。中歌から二上り,後歌で高三下りとなる。箏は半雲井調子に始まり,最初の手事の途中で斗を半音上げ,為を1音下げた平調子にいったん変わり,半雲井に戻ったあと中歌から平調子,後歌から中空(なかぞら)調子になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宇治巡りの関連キーワード四季の詠(四季の眺)山木検校(2代)地歌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android