浅川(読み)あさかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅川
あさかわ

東京都西部,八王子市南西部の旧町域。1927年町制。1959年八王子市に編入。南浅川段丘上に位置し,甲州街道沿いの旧宿駅として発達。国指定史跡の小仏関跡や武蔵陵墓地がある。明治の森高尾国定公園の入口。東部に工業団地がある。1961年国鉄浅川駅は高尾駅に改名。独立行政法人森林総合研究所多摩森林科学園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あさかわ【浅川】

東京都八王子市の地名。甲州街道の宿駅として発達。近くに多摩御陵がある。
福島県南東部、石川郡の町。幕末には天領となり、浅川陣屋が置かれた。

あさかわ【浅川】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕浅川(あさかわ)


東京都西部を流れる川。1級河川(多摩(たま)川水系)。延長36km。「あさがわ」とも読む。関東山地南部の陣馬(じんば)山北東麓(ほくとうろく)に源を発し、東流して八王子(はちおうじ)市で南浅川を合流、日野(ひの)市東部で多摩川に注ぐ。源流から南浅川合流点までの本流を北浅川ともよぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅川
あさかわ

東京都西部を流れる多摩川の支流名、および八王子市(はちおうじし)西部の一地区名。旧浅川町。浅川は高尾(たかお)山から流れる南浅川と、あきる野市、八王子市境の山地から流れる北浅川が八王子市の中心市街地の西方で合流して浅川となり、日野市で多摩川に入る。また、南浅川の上流部にある浅川地区は、甲州街道沿いの重要拠点で、1889年(明治22)村制施行にあたり浅川の名を村名とした。1927年(昭和2)町制施行したが、1959年(昭和34)八王子市に編入。なお1901年(明治34)に甲武(こうぶ)鉄道(現、JR中央本線)の浅川駅が開設され、1961年には高尾駅と改名された。1967年には京王電鉄の延長線が開通。現在、高尾山を中心とする明治の森高尾国定公園や、多摩御陵(大正天皇の御陵)・武蔵野御陵(昭和天皇)などがあって、都民の憩いの地として発展している。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅川の関連情報