コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉兎 ギョクト

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐と【玉×兎】

《月の中に(うさぎ)がすむという伝説から》異称。「金烏(きんう)玉兎 秋》

たまうさぎ【玉兎】

歌舞伎舞踊。清元。本名題「玉兎月影勝(たまうさぎつきのかげかつ)」。2世桜田治助作詞、清沢万吉作曲。七変化「月雪花名残文台(つきゆきはななごりのぶんだい)」の一つで、文政3年(1820)江戸中村座初演。兎が影勝団子をつく所作や、狸との立ち回りをみせる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

玉兎

兵庫県の酒造メーカー、沢の鶴が製造・販売する清酒の商品名。純米酒吟醸酒を30%ブレンドした低アルコールタイプの特別本醸造酒。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまうさぎ【玉兎】

歌舞伎舞踊の曲名。清元。本名題《玉兎月景勝(たまうさぎつきのかげかつ)》。1820年(文政3)9月江戸中村座初演。3世坂東三津五郎が踊った雪月花七変化所作事(変化物(へんげもの))《月雪花名残文台(つきゆきはななごりのぶんだい)》のうちの一。作詞2世桜田治助。作曲清沢万吉(初世清元斎兵衛)。振付市山七十郎(なそろう),3世藤間勘兵衛。月から飛び出した兎の餅つき,かちかち山の物語,わらべうたなど子ども向きの舞踊だが,大人が手足まる出しの袖なし姿で踊る飄逸(ひよういつ)な振りも面白い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉兎の関連キーワード都・兎・吐・図・土・堵・塗・妬・屠・度・徒・斗・杜・渡・登・賭・途・都金烏玉兎・金烏玉兔清元斎兵衛(初代)【ほ】【き】内伝桂 小南(初代)蘆屋道満大内鑑与話情浮名横櫛芦屋道満大内鑑偐紫田舎源氏四季の山姥青柳 琴僊歌舞伎舞踊吾妻 徳穂小見山天老玉兎・玉兔月探査機三春張子嫦娥三号金烏玉兎青柳琴僊

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉兎の関連情報