コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉兎 ギョクト

4件 の用語解説(玉兎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐と【玉×兎】

《月の中に兎(うさぎ)がすむという伝説から》の異称。「金烏(きんう)玉兎 秋》

たまうさぎ【玉兎】

歌舞伎舞踊。清元。本名題「玉兎月影勝(たまうさぎつきのかげかつ)」。2世桜田治助作詞、清沢万吉作曲。七変化「月雪花名残文台(つきゆきはななごりのぶんだい)」の一つで、文政3年(1820)江戸中村座初演。兎が影勝団子をつく所作や、狸との立ち回りをみせる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

玉兎

兵庫県の酒造メーカー、沢の鶴が製造・販売する清酒の商品名。純米酒に吟醸酒を30%ブレンドした低アルコールタイプの特別本醸造酒

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たまうさぎ【玉兎】

歌舞伎舞踊の曲名。清元。本名題《玉兎月景勝(たまうさぎつきのかげかつ)》。1820年(文政3)9月江戸中村座初演。3世坂東三津五郎が踊った雪月花七変化所作事(変化物(へんげもの))《月雪花名残文台(つきゆきはななごりのぶんだい)》のうちの一。作詞2世桜田治助。作曲清沢万吉(初世清元斎兵衛)。振付市山七十郎(なそろう),3世藤間勘兵衛。月から飛び出した兎の餅つき,かちかち山の物語,わらべうたなど子ども向きの舞踊だが,大人が手足まる出しの袖なし姿で踊る飄逸(ひよういつ)な振りも面白い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉兎の関連キーワード玉屋三千歳夕立歌舞伎狂言本名題まかしょ変化舞踊身替りお俊山帰り《玉兎月景勝》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉兎の関連情報