コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四度加行 しどけぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四度加行
しどけぎょう

真言密教における初歩的階梯の4種の修行。すなわち,伝法灌頂に対する準備的修行であって,十八道,金剛界胎蔵界護摩の4法が伝授される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しど‐けぎょう〔‐ケギヤウ〕【四度加行】

密教で、伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受ける前に行う、十八道法・金剛界法・胎蔵界法・護摩法四つ修法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しどけぎょう【四度加行】

密教で、最高の教えを授ける伝法灌頂かんじようの前に修する四つの行法。十八道法・金剛界法・胎蔵界法・護摩法をいう。四度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四度加行の関連キーワード泉 智等真言密教真言宗加行四度行法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android