コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四度加行 しどけぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四度加行
しどけぎょう

真言密教における初歩的階梯の4種の修行。すなわち,伝法灌頂に対する準備的修行であって,十八道,金剛界胎蔵界護摩の4法が伝授される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しど‐けぎょう〔‐ケギヤウ〕【四度加行】

密教で、伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受ける前に行う、十八道法・金剛界法・胎蔵界法・護摩法四つ修法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しどけぎょう【四度加行】

密教で、最高の教えを授ける伝法灌頂かんじようの前に修する四つの行法。十八道法・金剛界法・胎蔵界法・護摩法をいう。四度。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

四度加行の関連キーワード泉 智等真言密教真言宗加行四度行法

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四度加行の関連情報