加行(読み)けぎょう(英語表記)prayoga

デジタル大辞泉の解説

け‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【加行】

正規の修行に入る前の準備的な行(ぎょう)。
密教で、受戒・灌頂(かんじょう)・伝授などを受ける前に行う修行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けぎょう【加行】

〘仏〙 中心的な修行の準備段階として行われる修行。多くは密教で灌頂かんじようなどの前段階の修行を言う。 → 四度加行

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

け‐ぎょう ‥ギャウ【加行】

〘名〙 (「け」は「加」の呉音。はたらきを加えて行ずる意) 仏語。一般に、正規の修行に対して準備的に行なう行をいう。密教や浄土、禅などの諸宗では、灌頂、受戒、付法等に際し、その前に準備的に行なう修行のこと。→四度加行(しどけぎょう)。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※増鏡(1368‐76頃)一二「東寺に三七日おはしまして、御灌頂の御けぎゃうとぞきこゆる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の加行の言及

【伝法】より

…仏教ではそれぞれの宗派に秘伝,口伝とする法義,儀式があるので,これを伝える儀礼が厳重である。伝法にはまずその秘伝を授けるに足る器量,能力があるかどうかをみる行があって,これを多くは加行(けぎよう)と呼んでいる。一種の通過儀礼であるが,近代ではこれが形式化している。…

【仏教】より

…修行者は修行の段階に応じて,凡夫(ぼんぶ)と聖人(しようにん)に分けられる。聖人は準備的修行(加行(けぎよう))を終えて四諦の理を観じて見道に達したもの以上で,その後究極的完成まで修行を続けることが要請される。この段階を修道(しゆどう)という。…

※「加行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加行の関連情報