コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四方竜文(3代) しかた りゅうぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四方竜文(3代) しかた-りゅうぶん

1796-1850 江戸時代後期の鋳金家。
寛政8年生まれ。文政10年京都に出,のち竜文堂をつぐ。鉄瓶の製作にすぐれ,和歌,俳諧(はいかい),茶道にも通じた。舶来ブリキをつかって茶入れ,矢立てなどをつくった。嘉永(かえい)3年3月17日死去。55歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本姓は広島。幼名は伝造。通称は安之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

四方竜文(3代)の関連キーワード逃亡奴隷法アーガー・ムハンマドニーマンニーマン林洞海テーラーゴールド・ラッシュ縮合エカチェリーナアッシニャ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android