コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーマン ニーマン Nieman, Johannes Edewin

3件 の用語解説(ニーマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニーマン
ニーマン
Nieman, Johannes Edewin

[生]1797
[没]?
オランダの長崎出島商館長。ロンドン,パリで地理学を学び官吏となって東インドに渡り,スマトラバタビアに勤務してのち,1835年長崎に商館長として着任,38年まで在任。この間 38年の江戸参府に際して,渡辺崋山と面接してヨーロッパの政情,学芸について語った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ニーマン Niemann, Johannes Erdewin

1796-1850 オランダ商館長。
1796年2月21日生まれ。文政13年(1830)来日,天保(てんぽう)5-9年長崎出島の商館長。9年江戸参府の際,渡辺崋山(かざん)らからヨーロッパ事情について質問をうける。崋山はその会見をもとに「鴃舌或問(げきぜつわくもん)」をあらわした。日本婦人との間に1女をもうけた。享年54歳。アムステルダム出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ニーマン

没年:1850(1850)
生年:1796.2.21
江戸後期のオランダ商館長。アムステルダム生まれ。天保1(1830)年に来日し,同5年から同9年まで出島商館長。蛮社の獄ペリー艦隊来航の契機となったモリソン号事件(1837)の情報を初めて幕府に伝えたことで知られる(「ニイマン秘奏」)。同9年の江戸参府では多くの日本人と懇談,その模様をまとめた渡辺崋山『鴃舌或問』には,地理,医学など広範囲にわたる彼の学識が示されている。ニーマンの経歴,人柄,日本観を記した同『鴃舌小記』によれば,大柄で真率,読書好き,「志は芸学に厚く,仕進に薄」い人物であった。また日本婦人との間に女子をもうけ,養女に出したことが,ハーグ文書館の「加美丹にふまん子おきみ養女取極証文」からわかる。<参考文献>酒井シヅ「蘭館長ニーマンと長崎留学生」(『日本医史学雑誌』12巻1号)

(鳥井裕美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニーマンの関連キーワードズーフニューアムステルダムオランダ下りアムステルダム・バロック管弦楽団アムステルダム・フィルハーモニー管弦楽団アムステルダムマラソンオランダ国立バレエ団ティツィングフィッセルブロンホフ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニーマンの関連情報