中有(読み)ちゅうう(英語表記)antarā-bhava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中陰ともいう。前世の死の瞬間から次の世に生を受ける瞬間までの中間の時期 (49日間) における霊魂身とでもいうべきものをいう。 (→四有〈しう〉)

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

仏語。四有(しう)の一。死有から次の生有までの間。人が死んでから次の生を受けるまでの期間。7日間を1期とし、第7の49日までとする。中陰。
空中。空間。
「僕は段々と―から降り立った」〈有島・宣言〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 仏語。衆生が死んでから次の縁を得るまでの間。四有の一つ。無限に生死を繰り返す生存の状態を四つに分け、衆生の生を受ける瞬間を生有、死の刹那を死有、生有と死有の中間を本有とし、死後次の生有までを中有とする。中陰。
※観智院本三宝絵(984)下「鮮白比丘は中有の位より衣あり」
※今昔(1120頃か)三一「先づ中有と云て生未だ不定ぬ程は、遙なる広野に鳥獣などだに无きに」 〔倶舎論〕
② 空間。虚空。空中。
※歌舞伎・松栄千代田神徳(徳川家康)(1878)五幕「片時も早く此事を、君へ言上仕らんと駻馬に鞭打ち、中有(チウウ)を走って帰ってござる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中有の関連情報