コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四条畷[市] しじょうなわて

世界大百科事典 第2版の解説

しじょうなわて【四条畷[市]】

大阪府北東部の市。1970年市制。人口5万3763(1995)。市域は東部が生駒山地,西部が沖積低地からなる。歴史は古く,山麓部の岡山遺跡からは縄文時代の遺物が発見されている。かつて集落は東高野街道や,大和と河内を東西に結ぶ清滝街道に沿って分布していた。山麓から沖積低地にかけて米作中心の農業が営まれ,低地部では水郷景観がみられた。山麓斜面では水車を利用して製粉などが行われた。1895年浪速鉄道会社が大阪市の片町と四条畷を結ぶ鉄道(現,JR片町線)の営業を開始し,第2次大戦後,沿線に金網,ボールベアリング,ボルト,ナット製造などの小零細な工場が進出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

四条畷[市]の関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android