四波羅蜜(読み)シハラミツ

デジタル大辞泉の解説

し‐はらみつ【四波羅蜜】

仏語。涅槃(ねはん)に備わる四つの徳。常・楽・我・浄、すなわち、永遠であること、安穏であること、主体的であること、清浄であること。
金剛界曼荼羅(まんだら)で、大日如来に近侍している四人の女形菩薩(ぼさつ)。東方の金剛波羅蜜(阿閦(あしゅく)仏能生の母)、南方の宝波羅蜜(宝生仏能生の母)、西方の法波羅蜜(阿弥陀仏能生の母)、北方の業波羅蜜(不空成就仏能生の母)の総称四波羅蜜菩薩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しはらみつ【四波羅蜜】

〘仏〙
涅槃ねはんに伴う四つのすぐれた特徴。永遠性・安穏あんのん性・主体性・清浄性がそれぞれ完全である常・楽・我・浄の四つの波羅蜜。
〔「四波羅蜜菩薩」の略〕 金剛界曼荼羅まんだらで、中央の大日如来を取り囲む女形の四菩薩。前(東)の金剛、左(南)の宝、後ろ(西)の法、右(北)の羯磨かつまの各波羅蜜菩薩。阿閦あしゆく・宝生・阿弥陀・釈迦を生みだす母の役割をするため女形をとる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐はらみつ【四波羅蜜】

[1] 〘名〙 仏語
涅槃(ねはん)にそなわる常・楽・我・浄の四種のすぐれた特徴。永遠であること、安穏であること、主体的であること、清浄であることの四つをいう。
凡夫常楽我浄の四顛倒に対して、それが無常であり苦であり空無我であるとみること。
※快馬鞭(1800)入道要訣「此の無常苦空無我の四波羅蜜を観して菩提の道を求むるを、声聞四諦の法と云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android