四波羅蜜(読み)シハラミツ

デジタル大辞泉の解説

し‐はらみつ【四波羅蜜】

仏語。涅槃(ねはん)に備わる四つの徳。常・楽・我・浄、すなわち、永遠であること、安穏であること、主体的であること、清浄であること。
金剛界曼荼羅(まんだら)で、大日如来に近侍している四人の女形菩薩(ぼさつ)。東方の金剛波羅蜜(阿閦(あしゅく)仏能生の母)、南方の宝波羅蜜(宝生仏能生の母)、西方の法波羅蜜(阿弥陀仏能生の母)、北方の業波羅蜜(不空成就仏能生の母)の総称。四波羅蜜菩薩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しはらみつ【四波羅蜜】

〘仏〙
涅槃ねはんに伴う四つのすぐれた特徴。永遠性・安穏あんのん性・主体性・清浄性がそれぞれ完全である常・楽・我・浄の四つの波羅蜜。
〔「四波羅蜜菩薩」の略〕 金剛界曼荼羅まんだらで、中央の大日如来を取り囲む女形の四菩薩。前(東)の金剛、左(南)の宝、後ろ(西)の法、右(北)の羯磨かつまの各波羅蜜菩薩。阿閦あしゆく・宝生・阿弥陀・釈迦を生みだす母の役割をするため女形をとる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android