コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常楽我浄 じょうらくがじょう

3件 の用語解説(常楽我浄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常楽我浄
じょうらくがじょう

大乗仏教において,涅槃や如来にそなわっているとされる4種の徳をいう。永遠不滅で,苦のないものであり,自由で束縛がなく,清らかであるということ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐らく‐が‐じょう〔ジヤウ‐ジヤウ〕【常楽我浄】

仏語。
涅槃(ねはん)の四徳。常住不変の常、安楽で苦を離れた楽、自在で障りとなるもののない我、迷いがなく無垢(むく)清浄である浄。転じて、極楽浄土にいるように何の心配もなく、のどかな生活にいう。
凡夫が万物の真相に反して、無常を常、苦を楽、無我を我、不浄を浄と思うこと。四顛倒(してんどう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうらくがじょう【常楽我浄】

〘仏〙
涅槃ねはんの世界の四つの徳。常は恒常的であること、楽は静かな楽しみ、我は自在無碍、浄は浄きよらか。涅槃の四徳。
四つのまちがった考え。四顚倒してんどう。無常・苦・無我・不浄であるこの世界を、誤まって常・楽・我・浄と思うこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone