常楽我浄(読み)じょうらくがじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常楽我浄
じょうらくがじょう

大乗仏教において,涅槃如来そなわっているとされる4種の徳をいう。永遠不滅で,のないものであり,自由で束縛がなく,清らかであるということ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐らく‐が‐じょう〔ジヤウ‐ジヤウ〕【常楽我浄】

仏語。
涅槃(ねはん)の四徳。常住不変の常、安楽で苦を離れた楽、自在で障りとなるもののない我、迷いがなく無垢(むく)清浄である浄。転じて、極楽浄土にいるように何の心配もなく、のどかな生活にいう。
凡夫万物真相に反して、無常を常、苦を楽、無我を我、不を浄と思うこと。四顛倒(してんどう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうらくがじょう【常楽我浄】

〘仏〙
涅槃ねはんの世界の四つの徳。常は恒常的であること、楽は静かな楽しみ、我は自在無碍、浄は浄きよらか。涅槃の四徳。
四つのまちがった考え。四顚倒してんどう。無常・苦・無我・不浄であるこの世界を、誤まって常・楽・我・浄と思うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android