コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常楽我浄 じょうらくがじょう

3件 の用語解説(常楽我浄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常楽我浄
じょうらくがじょう

大乗仏教において,涅槃や如来にそなわっているとされる4種の徳をいう。永遠不滅で,苦のないものであり,自由で束縛がなく,清らかであるということ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょう‐らく‐が‐じょう〔ジヤウ‐ジヤウ〕【常楽我浄】

仏語。
涅槃(ねはん)の四徳。常住不変の常、安楽で苦を離れた楽、自在で障りとなるもののない我、迷いがなく無垢(むく)清浄である浄。転じて、極楽浄土にいるように何の心配もなく、のどかな生活にいう。
凡夫が万物の真相に反して、無常を常、苦を楽、無我を我、不浄を浄と思うこと。四顛倒(してんどう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうらくがじょう【常楽我浄】

〘仏〙
涅槃ねはんの世界の四つの徳。常は恒常的であること、楽は静かな楽しみ、我は自在無碍、浄は浄きよらか。涅槃の四徳。
四つのまちがった考え。四顚倒してんどう。無常・苦・無我・不浄であるこの世界を、誤まって常・楽・我・浄と思うこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常楽我浄の関連キーワード有余涅槃無余涅槃四徳常住不断常住不滅入涅槃涅槃講涅槃像涅槃門仏涅槃

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone