四顛倒(読み)してんどう

精選版 日本国語大辞典「四顛倒」の解説

し‐てんどう ‥テンダウ【四顛倒】

〘名〙 語。顛倒の妄見を四つに分類したもの。真の仏智からみれば、世間の一切のものは、無常を楽、無我不浄として、とらわれていること。また、涅槃(ねはん)の実相に対しては、常を無常、楽を苦、我を無我、浄を不浄とあやまり解すること。合わせて八顛倒という。四倒
※教行信証(1224)四「如風能鄣静、土能鄣水、湿能鄣火、五黒十悪鄣人天、四顛倒鄣声聞果」 〔北本涅槃経‐一七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「四顛倒」の解説

し‐てんどう〔‐テンダウ〕【四×顛倒】

仏語。真の仏の智慧からみれば誤っている四つの考え。無常を常、苦を楽、無我を我、不浄を浄と思う凡夫のまちがった考え。また、涅槃ねはんの実相に対して、常を無常、楽を苦、我を無我、浄を不浄と誤り解すること。四倒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android