四華・四花(読み)しけ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (法華経が説かれたとき、これに先立って現われた六種の瑞相(ずいそう)の一つとして空から降った四種の蓮の花) 仏語。白蓮華・大白蓮華・紅蓮華・大紅蓮華の称。
※法華義疏(7C前)一「如今此経。天雨四花。地有六種震動

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android