コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四角四境祭 シカクシキョウサイ

1件 の用語解説(四角四境祭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しかく‐しきょうさい〔‐シキヤウサイ〕【四角四境祭】

陰陽道(おんようどう)で、疫神の災厄をはらうために、家の四隅と国の四方の境で行った祭祀(さいし)。また、朝廷で、陰暦6月と12月のみそかに行った鎮火祭と、道饗(みちあえ)の祭り。四角四境の祭り。四角四堺(しかい)の祭り。四境祭。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四角四境祭の関連キーワード陰陽道陰陽寮陰陽博士方明く黄道吉日帝日道虚日中つ神没日遊禍