コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮火祭 ちんかさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎮火祭
ちんかさい

6月と 12月のみそかの夜,宮城四隅で火を (き) って神を祀り,火災防止を祈った神事。現在も諸神社で行われる。「ひしずめまつり」「ほしずめのまつり」ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちんか‐さい〔チンクワ‐〕【鎮火祭】

陰暦6月と12月のみそかの夜、火災を防ぎ、火のけがれを払うために宮城の四隅で卜部(うらべ)氏が火をつかさどる神を祭った神事。ひしずめのまつり。

ほしずめ‐の‐まつり〔ほしづめ‐〕【火祭(り)】

ちんかさい(鎮火祭)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎮火祭【ちんかさい】

〈ひしずめのまつり〉とも。火災を防ぐ神事。旧6月,12月の晦日(みそか)の夜,宮城の四隅で火を鑽(き)りだし,卜部(うらべ)氏家伝秘事を行った。道饗祭(みちあえのまつり)も同日行われ,合わせて四角四堺の祭ともいった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんかさい【鎮火祭】

〈ほしずめのまつり〉〈ひしずめのまつり〉ともいう。火災防止のためのまつり。神祇令によると,6月と12月の晦日夜,道饗(みちあえ)祭の後に宮城の四方の外角で行った。これは火の力を鎮めようとする呪術的なまつりであることから,卜術にすぐれた卜部(うらべ)が行った。このまつりの儀礼には,秘事が多いとされている(《公事根源》)が,《延喜式》巻八の鎮火祭祝詞によると,〈水神匏(ひさご),埴山姫(はにやまひめ),川菜(かわな)を持ちて鎮め奉れ〉とあるから,古儀では水と土と川菜とが用いられたようである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちんかさい【鎮火祭】

火事が起こらないように祈る神事。火しずめの祭。古くは神祇官じんぎかんの祭祀さいしの一つとして、6月・12月の晦日みそかの晩、宮城の四方の外角で行われた。ひしずめのまつり。

ほしずめのまつり【鎮火祭】

昔、宮中で、6月・12月の晦日に行われた火災予防を祈る祭り。現代でも、神社などで行われる。ちんかさい。ひしずめのまつり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鎮火祭の言及

【鎮火祭】より

…これは火の力を鎮めようとする呪術的なまつりであることから,卜術にすぐれた卜部(うらべ)が行った。このまつりの儀礼には,秘事が多いとされている(《公事根源》)が,《延喜式》巻八の鎮火祭祝詞によると,〈水神匏(ひさご),埴山姫(はにやまひめ),川菜(かわな)を持ちて鎮め奉れ〉とあるから,古儀では水と土と川菜とが用いられたようである。現在も各地に鎮火祭を行っている神社があるが,古儀を伝えているものに,福島県大沼郡会津高田町の伊佐須美(いさすみ)神社がある。…

※「鎮火祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎮火祭の関連キーワード四角四境の祭り・四角四境の祭火祭り・火祭吉田の火祭り大麻比古神社岩木山神社四角四境祭軻遇突智神吉田の火祭愛宕神社愛宕信仰厳島神社高瀬神社火災予防鎮火の祭八十国神漏岐八十島上つ国下つ国宮中

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮火祭の関連情報