コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回生ブレーキ カイセイブレーキ

3件 の用語解説(回生ブレーキの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいせい‐ブレーキ〔クワイセイ‐〕【回生ブレーキ】

電気モーターを発電機として用い、運動エネルギー電気エネルギーに変換することで制動をかけるブレーキ。電車・電気自動車ハイブリッドカーなどで利用される。電力回生ブレーキ回生制動機

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

回生ブレーキ

減速時の運動エネルギーでモーターを回して発電、充電する仕組み。通常の油圧ブレーキでは熱として逃げるエネルギーを、電気に変換して再利用し、走行距離を長くする。

(2010-08-24 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいせいブレーキ【回生ブレーキ】

電車や電気機関車エレベーターなど,電動機によって運転される乗物に用いられる制動システム。電動機を発電機として利用することにより車両などのもっている位置エネルギーや運動エネルギーを電気エネルギーに変換し,これを架線を通して他の車両などの動力源として供給する方式のもの。正式には電力回生ブレーキregenerative brakeと称する。速度の高いところで大きな制動力が得られる利点があるが,反面,速度が低くなると制動力が弱くなるので,ふつう他のブレーキと併用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の回生ブレーキの言及

【電車】より

…後者は容量が大きくとれるが,電動車の場合はスペースが少なく,新幹線電車以外ではあまり用いられていない。 電気ブレーキは,主電動機を減速時には発電機として用い,その際コイルに生ずる力を利用してブレーキ作用を行わせるもので,このときに発生する電力を抵抗器で放熱する発電ブレーキと,架線側へ返す電力回生ブレーキ(回生ブレーキともいう)があるが,最近ではサイリスターなどの半導体技術(チョッパー制御など)の進歩により,節電ができ,放熱による周囲の温度上昇(とくに地下鉄)がない回生ブレーキを採用している。なお,新幹線用電車は,とくに高速化と大量輸送用に作られており,高速性能を重視した台車,パンタグラフなどを採用し,かつトンネル内での高速走行時の気圧の変化を少なくするため気密構造としている。…

【ブレーキ】より

…なお,自動車の走行中,クラッチを切らずにアクセルから足を離したときに作用するエンジンブレーキは,エンジンの圧縮抵抗,エンジン・変速機の機械摩擦を利用した摩擦ブレーキとみなすことができる。
[電気ブレーキ]
 電磁ブレーキや磁極間におかれた導体が移動するときに生ずる渦電流による制動作用を利用した渦電流ブレーキを含めることもあるが,ふつう電気ブレーキといえば電動機を発電機として用いる発電ブレーキや電力回生ブレーキをいう。発電ブレーキは,回転動力源として用いている電動機を,減速させたいときに発電機として働かせ,その回転を止める方向に働くトルクをブレーキに利用するものである。…

※「回生ブレーキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回生ブレーキの関連情報