コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回視 カイシ

デジタル大辞泉の解説

かい‐し〔クワイ‐〕【回視】

[名](スル)
過去をふりかえってみること。回顧。
「それは―するに忍びないような、各々の思い出を」〈葉山海に生くる人々
あたりを見回すこと。
「男前後を―して…、恐怖色に現れ」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいし【回視】

( 名 ) スル
過去をふりかえってみること。回顧。 「倩つらつら吾が平生を-するに/西国立志編 正直
見回すこと。 「偶々たまたま堂内を-すれば/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

回視の関連キーワード望月 小太郎西国立志編松岡 洋子石井 謹吾上杉 茂憲ガリレオ能年玲奈按察使回顧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回視の関連情報