コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

デジタル大辞泉の解説

かい〔クワイ〕【回】

[名]
ある事柄を繰り返すときの、ひと区切り。回数。「を重ねる」
野球で、イニング。「早い
[接尾]助数詞。数または順序を表す語に付いて、度数または順序を表すのに用いる。「七裏」「次

かい【回】[漢字項目]

[音]カイ(クヮイ)(漢) (ヱ)(呉) [訓]まわる まわす めぐる かえる
学習漢字]2年
〈カイ〉
ぐるりとまわる。「回転回避迂回周回巡回旋回転回
順に送る。「回状回送回読回覧
元の状態に戻る。戻す。かえす。「回帰回収回春回答回復奪回撤回挽回
前の事を振り返る。「回顧回想
度。度数。「回数今回初回数回前回毎回
イスラム。「回教
(「蛔(かい)」の代用字)体内に寄生する虫。「回虫
〈エ〉まわす。めぐる。めぐらす。「回向回心
[補説]「囘」は「回」の古字。
[難読]浦回(うらみ)回回教(フイフイきょう)

わ【回/曲】

山裾・川・海岸などの曲がりくねった所。「かわわ(川曲)」「うらわ(浦回)」など、多く複合語として用いられる。
「あはれしや野焼にもれし峰の―のむら草がくれ雉(きぎす)鳴くなり」〈永久百首〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

 大脳半球を形成している隆起.表層部のみならず,溝を作っている壁や下部に隠れた部分も含めた名称.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かい【回】

[1] ( 名 )
ある事柄を反復して行う時の一つのまとまり。 「 -を重ねる」
( 接尾 )
助数詞。数または順序に関する語に付いて、度数・順序を数えるのに用いられる。 「五-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

回の関連キーワード舞い灯籠・舞灯籠・舞い燈篭・舞燈篭ニンシヤ(回族自治区)ロータリーコンバーターセカンドサービスワンスモア顔淵・顔渕一発勝負先聖先師三番勝負自転周期優勝回数回青現象一番勝負ワンス助数詞回回青三眠蚕年賦金一番草一片食

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回の関連情報