コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

デジタル大辞泉の解説

かい〔クワイ〕【回】

[名]
ある事柄を繰り返すときの、ひと区切り。回数。「を重ねる」
野球で、イニング。「早い
[接尾]助数詞。数または順序を表す語に付いて、度数または順序を表すのに用いる。「七裏」「次

かい【回】[漢字項目]

[音]カイ(クヮイ)(漢) (ヱ)(呉) [訓]まわる まわす めぐる かえる
学習漢字]2年
〈カイ〉
ぐるりとまわる。「回転回避迂回周回巡回旋回転回
順に送る。「回状回送回読回覧
元の状態に戻る。戻す。かえす。「回帰回収回春回答回復奪回撤回挽回
前の事を振り返る。「回顧回想
度。度数。「回数今回初回数回前回毎回
イスラム。「回教
(「蛔(かい)」の代用字)体内に寄生する虫。「回虫
〈エ〉まわす。めぐる。めぐらす。「回向回心
[補説]「囘」は「回」の古字。
[難読]浦回(うらみ)回回教(フイフイきょう)

わ【回/曲】

山裾・川・海岸などの曲がりくねった所。「かわわ(川曲)」「うらわ(浦回)」など、多く複合語として用いられる。
「あはれしや野焼にもれし峰の―のむら草がくれ雉(きぎす)鳴くなり」〈永久百首〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かい【回】

[1] ( 名 )
ある事柄を反復して行う時の一つのまとまり。 「 -を重ねる」
( 接尾 )
助数詞。数または順序に関する語に付いて、度数・順序を数えるのに用いられる。 「五-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

回の関連キーワード朝日新聞・福島大学の原発事故避難住民調査つかこうへい正伝1968ショパン国際ピアノ・コンクール私学勃興と甲子園出場回数上位校日比谷ロック・フェスティバルぎふメディアコスモスの漏水浜田青陵(せいりょう)賞ロイック デュヴァルリピート・メーリングサスペンデッドゲーム日本推理作家協会賞セカンドサービス木村伊兵衛写真賞ジャパンカップ日本児童演劇史キラリティー横堀 角次郎アカデミー賞ヘリンの法則1日2回潮

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回の関連情報