コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文五郎 ヨシダブンゴロウ

5件 の用語解説(吉田文五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐ぶんごろう〔‐ブンゴラウ〕【吉田文五郎】

[1869~1962]文楽人形遣い。3世。大阪の生まれ。本名、河村巳之助。女方遣いの名手。昭和31年(1956)難波掾(なにわのじょう)を受領。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉田文五郎【よしだぶんごろう】

文楽の人形遣(つかい)。大阪生れ。本名河村巳之助。1909年3世文五郎を襲名。近代屈指の女方人形遣の名手で,可憐,官能的な遣いぶりは,吉田栄三(えいざ)の理知的な渋い芸と対照的であった。
→関連項目桐竹紋十郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よしだぶんごろう【吉田文五郎】

文楽人形遣い。初世から4世まであり,4世が最も有名。4世(1869‐1962)は本名河村巳之助。大阪出身。15歳で初世吉田玉助に入門。吉田巳之助(後に簑助)の名で文楽座や彦六座旅興行の一座で働き,東京の芝居にも出勤した。1907年に2世桐竹亀松を襲名,08年再び巳之助に戻ったあと09年4世文五郎を襲名した。15年に文楽座に迎えられてからは立女方として活躍した。明るく屈託のない性格が舞台にも反映して,その遣う女方人形は華麗で官能的な美の極致を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしだぶんごろう【吉田文五郎】

(四世)(1869~1962) 文楽の人形遣い。大阪生まれ。本名は河村巳之助。女方遣いの名人。独特の色気と奔放な明るさのある芸風で、1956年(昭和31)難波掾を受領。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田文五郎
よしだぶんごろう
(1869―1962)

文楽(ぶんらく)人形遣い。本名河村巳之助(みのすけ)。明治2年10月20日、大阪に生まれる。父が文楽の表方をしており、幼くして吉田玉五郎に入門したが続かず、15歳で初世吉田玉助に弟子入り、1884年(明治17)京都四条北側芝居に吉田巳之助(簑助(みのすけ))の名で出勤、その後は御霊(ごりょう)文楽座や彦六(ひころく)座に出たり東海道を流れ渡り、東京の人形座にも出たが、やがて帰阪。1907年(明治40)2世桐竹(きりたけ)亀松を襲名、さらに翌々年に4世文五郎となる。この文五郎の初世、2世、3世については経歴など不詳。15年(大正4)御霊文楽座に迎えられて立女方(たておやま)の位置につき、大正中期から昭和にかけ初世吉田栄三(えいざ)とともに文楽人形の代表的存在となった。「酒屋」のお園、「合邦」の玉手、八重垣姫(やえがきひめ)などを得意とし、華麗で可憐(かれん)かつ色気のある演技は他の追随を許さず観客を魅了した。49年(昭和24)芸術院会員。56年東久邇(ひがしくに)家より難波掾(なにわのじょう)を受領、59年文化功労者。昭和37年2月21日、92歳の高齢で没した。弟子に2世桐竹紋十郎らがある。[山田庄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉田文五郎の言及

【人形浄瑠璃】より

…〈打込〉は,刀で渡り合う型で,戦闘の場に用いられ,足拍子が入るのが特色である。 こうした典型的な動作のほかに,歌舞伎と同様に,〈大玉造〉と呼ばれた初世吉田玉造の〈いがみの権太〉の型,〈沢市〉の型,初世桐竹紋十郎の〈重の井〉の型,初世吉田栄三の〈弁慶〉〈治兵衛〉の型,また名人といわれた吉田文五郎の〈お園〉の型など,特定のすぐれた人形遣いの演出が伝えられている。
[舞台の様式]
 古浄瑠璃の舞台には次の5種の様式が存在した。…

【吉田栄三】より

…小柄にもかかわらず,熊谷,光秀,松王などの荒物にも優れ,根の生えたような力強さがあった。芸風は地味だが役の性根を的確につかんだ腹芸で,コンビの4世吉田文五郎の華麗な女方と好対照を見せた。古典芸能界を通じての名人の一人と賞されたが,45年12月栄養失調のため疎開先の奈良県で没した。…

※「吉田文五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田文五郎の関連キーワード桐竹紋十郎車人形三人遣い人形遣い植村文楽軒木偶遣い文楽人形吉田栄三主遣い手遣い

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田文五郎の関連情報