団勝磨(読み)だん かつま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

団勝磨 だん-かつま

1904-1996 昭和-平成時代の発生生物学者。
明治37年10月16日生まれ。団琢磨(たくま)の次男。団伊能の弟。昭和24年都立大教授となり,40年総長。分裂中のウニ卵から分裂装置単離に成功した。62年文化功労者。日本動物学会,日本発生生物学会の会長をつとめた。妻のジーン(団仁子)はヒトデの研究者。平成8年5月18日死去。91歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんかつま【団勝磨】

1904~1996) 生物学者。発生学者。東京生まれ。団琢磨の二男。都立大教授・学長。ウニ卵から分裂装置の単離に成功し、細胞外で細胞分裂機構などを研究する端緒を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の団勝磨の言及

【細胞分裂】より

…偏光顕微鏡ではそこに複屈折がみられる。分裂装置は1952年にメージアD.Maziaと団勝磨によってウニ卵から単離され,分裂期に構造として存在することが確かめられた。星状体・紡錘体は二つの中心体から放射状に出た微小管からできている。…

※「団勝磨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android