コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団扇海老 ウチワエビ

2件 の用語解説(団扇海老の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちわ‐えび〔うちは‐〕【団扇海老】

十脚目ウチワエビ科のエビ。海の砂泥底にすむ。体長17センチくらい、紫褐色。頭胸部は扁平で団扇形、第2触角も平たい。甲羅の表面はざらつき、縁は鋸歯(きょし)状。日本中部からオーストラリアにかけて分布。食用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うちわえび【団扇海老】

海産のエビ。体長約17センチメートル。体は平たく頭胸甲は赤褐色で円く団扇形に広がり、周縁は鋸歯きよし状。浅海の泥底にすむ。日本の太平洋岸から東シナ海にかけて分布。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

団扇海老の関連情報