団扇海老(読み)ウチワエビ

大辞林 第三版の解説

うちわえび【団扇海老】

海産のエビ。体長約17センチメートル。体は平たく頭胸甲は赤褐色で円く団扇形に広がり、周縁は鋸歯きよし状。浅海の泥底にすむ。日本の太平洋岸から東シナ海にかけて分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うちわ‐えび うちは‥【団扇海老】

〘名〙 ウチワエビ科に属し、体がうちわのように平たいエビ。体長約一三センチメートルで、全体に赤みを帯びる。甲羅には一面につぶつぶがあり、ふちにはのこぎりの歯のような突起が並ぶ。南日本の太平洋沿岸にすむ。肉は食用になるが、多くは肥料とする。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android