コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団芝清黁 だんし しょうどん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

団芝清黁 だんし-しょうどん

?-1563 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。15歳で出家。十余年各地で修行。のち丹波円通寺(兵庫県)の大透宗的(そうてき)にまなび,その法をつぐ。天文(てんぶん)21年(1552)同寺の住持となった。永禄(えいろく)6年4月10日死去。近江(おうみ)(滋賀県)出身。法名は「せいこう」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

団芝清黁の関連キーワード戦国時代曹洞

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android