コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎管 じんかん nephridium

5件 の用語解説(腎管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腎管
じんかん
nephridium

褐色管,消化腎管ともいう。真体腔をもつ環形動物節足動物軟体動物触手動物毛顎動物棘皮動物原索動物脊椎動物において真体腔形成に伴って発達した排出器官をいう。体腔に直接開く腎口から複雑に屈曲した細管,そして体壁にある外腎門が外界に開く末端までをいうが,動物の種類により末端が膀胱に開くもの,肛門腺 (複腎管) と呼ばれる1対が直腸に開くものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じん‐かん〔‐クワン〕【腎管】

無脊椎動物にみられる排出器官。体腔中にらっぱ状に開く腎口、排出物を濃縮・移送する細管部、体外に開く排出口からなる。環形動物では体節ごとに一対ずつあり、体節器ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

腎管【じんかん】

真体腔をもつ無脊椎動物(環形動物以上)にみられる排出器の一種。体腔に開く腎口,屈曲した細管,および多くは外界に直接開口する外腎門(排出口)からなる。腎口と細管壁には多数の繊毛があり,繊毛運動によって体腔内の排出物や卵,精子を体外に送り出す
→関連項目体節器官排出器官

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じんかん【腎管】

無脊椎動物に見られる排出器官。普通は卵や精子を運ぶ生殖輸管の機能ももつ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腎管
じんかん

一般には環形動物など真体腔(たいこう)をもつ無脊椎(むせきつい)動物の排出器官をいう。腎管は体節ごとに1対あるので体節器ともよばれるが、動物の種類によっては体節数よりも少ない場合がある。腎管は屈曲した細管で、内壁に繊毛がある。体腔に開く一端は腎口とよばれ、らっぱ状に広がって繊毛が密生している。細管の後半は体節の隔壁を貫通して次の体節に達し、末端は体壁の小孔すなわち外腎門として外界に開く。体腔内に生じた排出物は腎管の繊毛運動によって体外へ送り出される。さらに腎管は生殖輸管を兼ねている。繁殖期には、生殖腺(せん)中で成熟した卵や精子が体腔内で遊離してくる。腎管はこれらを繊毛運動によって体外へ放出する。なお、脊椎動物のいろいろな腎がもつ管を総称して腎管とよぶこともある。[片島 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の腎管の言及

【腎臓】より

…腎臓は脊椎動物に共通する排出器官で,老廃物,おもに窒素代謝産物の体外への放出がその主要な働きであるが,体液の浸透圧調節のための水分の排出,体液中の余剰成分の排出,体液を一定のpHに保つためアルカリ性または酸性物質の排出,有害あるいは不要物質の排出などの機能ももっており,これらの諸作用は互いに関連し合っている。 腎臓は腎管nephridiumに由来したものと考えられ,発生上の順序や位置から前腎,中腎および後腎に分けられる(図1)。最初に現れる前腎pronephrosは漏斗状となって体腔に開き,腎臓の原始型とみられる。…

【排出】より

…これらの動物では窒素老廃物は水に難溶性の尿酸として排出される(尿酸排出動物)。腎臓尿【佃 弘子】
【排出器官excretory organ】
 無脊椎動物の排出器官は収縮胞,原腎管,腎管の三つに大別され,その形態や構造はさまざまである(表)。排出器官は本来,代謝の結果生じた老廃物を排出するための器官であるが,それに伴う種々な働き,例えば浸透圧調節や体液中の各種のイオン濃度の調節などにも関係し,環形動物では生殖細胞の体外への放出にも利用されている。…

※「腎管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

腎管の関連キーワード原腎管消化器体腔体腔動物シヌソイド胆小管難消化性多糖不消化炭水化物真体腔真体腔類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone