固体飛跡検出器(読み)こたいひせきけんしゅつき(英語表記)solid state track detector

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固体飛跡検出器
こたいひせきけんしゅつき
solid state track detector

荷電粒子の進路に沿って生じた放射線損傷を,適当な方法で飛跡として検出できる絶縁体の固体をいう。荷電粒子の進路の単位長さあたりの生成イオン対の数が,物質によって定まる一定限度をこえると,潜在飛跡を生じる。雲母,ガラス,ジルコン,その他の鉱物では半径数十Åの潜在飛跡が電子顕微鏡で観察されている。潜在飛跡を適当な試薬でエッチングすると光学顕微鏡で観察可能な飛跡となる。鉱物では核分裂片の飛跡が検出可能である。ポリカルボナート,ニトロセルロースなどの高分子物質では,より軽い原子核も飛跡を生じ,α粒子でも 1MeV以下ならば検出される。潜在飛跡は常温では長期間保存され,重一次宇宙線の検出,原子核実験,各種の鉱物の年代測定など応用が広い。 (→飛跡検出器 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android