固執傾向(読み)こしつけいこう(英語表記)perseveration tendency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「固執傾向」の解説

固執傾向
こしつけいこう
perseveration tendency

(1) 刺激が変っても同様の反応を繰返す傾向。 (2) 刺激がなくなっても刺激によって生じた心理活動がその後しばらくの間持続する傾向。精神医学臨床心理学分野では前者の意味に用いられており,常同症もしくは固定した行動を意味する。後者の意味に用いたのは,ドイツの心理学者 G.E.ミュラーらで,彼らによれば,学習が終っても学習によって生じた心的活動はしばらく続き,しかもその後続する心的活動は学習を定着させるのになくてはならないという。したがって学習後のほかの学習はもとの学習の保持を阻害する。 (→硬さ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android