コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固執傾向 こしつけいこうperseveration tendency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固執傾向
こしつけいこう
perseveration tendency

(1) 刺激が変っても同様の反応を繰返す傾向。 (2) 刺激がなくなっても刺激によって生じた心理活動がその後しばらくの間持続する傾向。精神医学臨床心理学の分野では前者の意味に用いられており,常同症もしくは固定した行動を意味する。後者の意味に用いたのは,ドイツの心理学者 G.E.ミュラーらで,彼らによれば,学習が終っても学習によって生じた心的活動はしばらく続き,しかもその後続する心的活動は学習を定着させるのになくてはならないという。したがって学習後のほかの学習はもとの学習の保持を阻害する。 (→硬さ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

固執傾向の関連キーワード欲求不満前頭葉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android