コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固有地震 こゆうじしんCharacteristic earthquake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固有地震
こゆうじしん
Characteristic earthquake

断層またはその一部分など,ある領域においては基本的にほぼ同じ最大規模の地震が繰り返し発生するという考え方による,その最大規模の地震。アメリカ合衆国サンアンドレアス断層など内陸の断層の地震活動について最初に提唱された。海溝沿いのプレート間地震でもこの考え方が適用でき,たとえば南海トラフ沿いに発生する南海地震東南海地震が固有地震に相当する。日本では地震調査委員会が地震活動の長期評価において,この考え方に基づき固有地震に相当する地震の発生確率を推定している(→地震発生確率評価)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

固有地震の関連キーワードサイスミシティ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

固有地震の関連情報