地震発生確率評価(読み)じしんはっせいかくりつひょうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「地震発生確率評価」の解説

地震発生確率評価
じしんはっせいかくりつひょうか

活断層海溝型地震プレート境界地震)を対象に,数十年単位の長期的な観点から,大地震が発生する可能性を数値で表すこと。地震調査委員会が過去の活動間隔,活動区間,平均ずれ速度などのデータをもとに,長期的な地震発生の可能性を確率で評価する手法を検討し,2001年6月に「長期的な地震発生確率の評価手法について」として公表した。2009年1月時点における今後 30年以内の地震発生確率は,海溝型地震である東南海地震が 60~70%,南海地震が 50~60%(→南海トラフ),宮城県沖地震が 99%とされた。また活断層については評価対象 110のほとんどが 1%以下だったが,糸魚川-静岡構造線の中部地域は 14%と比較的高かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android