地震発生確率評価(読み)じしんはっせいかくりつひょうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「地震発生確率評価」の意味・わかりやすい解説

地震発生確率評価
じしんはっせいかくりつひょうか

活断層海溝型地震プレート境界地震)を対象に,数十年単位の長期的な観点から,大地震が発生する可能性を数値で表すこと。地震調査委員会が過去の活動間隔,活動区間,平均ずれ速度などのデータをもとに,長期的な地震発生の可能性を確率で評価する手法を検討し,2001年6月に「長期的な地震発生確率の評価手法について」として公表した。2009年1月時点における今後 30年以内の地震発生確率は,海溝型地震である東南海地震が 60~70%,南海地震が 50~60%(→南海トラフ),宮城県沖地震が 99%とされた。また活断層については評価対象 110のほとんどが 1%以下だったが,糸魚川-静岡構造線中部地域は 14%と比較的高かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android