コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固有法 コユウホウ

デジタル大辞泉の解説

こゆう‐ほう〔コイウハフ〕【固有法】

ある国に固有なものとして発生し、発達した法。⇔継受法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

固有法【こゆうほう】

もともとは中世から近世の西欧において,普通法とは異なる各地域や都市や民族の慣習法や条例法,もしくは各国家の立法などを指した(ius proprium)。そこから転じて,ある社会や民族や国家に固有な法という意味で,継受法に対して用いられるようになった。
→関連項目スイス民法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こゆうほう【固有法】

ある国家に固有なものとして発生し、発達した法。 ⇔ 継受法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の固有法の言及

【慣習法】より

…また西欧の学者が非西欧社会の法を見たとき,土着法,未開法,文字以前法,現地法,部族法,法習俗,法慣行などとよんだものも慣習法に属する。ごく最近では,西欧非西欧を問わずおよそ人間社会で国家法とならんで実効的に機能している慣習法を,固有法,非公式法,フォーク・ローfolk lawなどの名で再認識しようとする傾向が出ている。【千葉 正士】
[実定法との関連]
 実定法上,慣習法がどのように取り扱われるかは,国によりまた時代により異なっている。…

※「固有法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

固有法の関連キーワードプロシア一般ラント法普通法[ドイツ]リブアリア法典法(社会規範)コンリングサリカ法典ゲルマン法牧 健二蒙古律例ゲルバー法人類学黎朝刑律皇越律例改革法典法の継受法制史都市法公家法古代法遠流

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android