コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固有法 コユウホウ

3件 の用語解説(固有法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こゆう‐ほう〔コイウハフ〕【固有法】

ある国に固有なものとして発生し、発達した法。⇔継受法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

固有法【こゆうほう】

もともとは中世から近世の西欧において,普通法とは異なる各地域や都市や民族の慣習法や条例法,もしくは各国家の立法などを指した(ius proprium)。そこから転じて,ある社会や民族や国家に固有な法という意味で,継受法に対して用いられるようになった。
→関連項目スイス民法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こゆうほう【固有法】

ある国家に固有なものとして発生し、発達した法。 ↔ 継受法

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の固有法の言及

【慣習法】より

…また西欧の学者が非西欧社会の法を見たとき,土着法,未開法,文字以前法,現地法,部族法,法習俗,法慣行などとよんだものも慣習法に属する。ごく最近では,西欧非西欧を問わずおよそ人間社会で国家法とならんで実効的に機能している慣習法を,固有法,非公式法,フォーク・ローfolk lawなどの名で再認識しようとする傾向が出ている。【千葉 正士】
[実定法との関連]
 実定法上,慣習法がどのように取り扱われるかは,国によりまた時代により異なっている。…

※「固有法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

固有法の関連キーワード桃山時代荒くもしい唐子髷郷村朱座鉛銭石子詰シャンブルズ佐藤元治林基春

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

固有法の関連情報