国使不入(読み)こくしふにゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

こくし‐ふにゅう ‥フニフ【国使不入】

〘名〙 平安時代中期以降、不輸租の権利と並ぶ荘園の特権。国衙から派遣される使者を荘園の領域内に入れないこと。国衙の検田使、収納使を拒否して荘内の検注をさせず、新規開墾田にかかる年貢の上納などをしないこと。拡大して荘内への警察権の立入りも拒否する権利となる。国衙使不入。→不輸不入

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android