コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検注 けんちゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検注
けんちゅう

土地を検閲し,注記すること。主として荘園制下の土地調査をいう。国司荘園領主年貢収取の基準を定めるため,土地面積,種類,名主作人などを調べ,年貢率を注記して,総面積,賦課すべき土地,田地除地除田などを設定した。これを行うものを検注使,これによって作成された帳簿検注帳,検注目録,馬上帳などという。定期的に行う検注を大検注,災害時などにおいて臨時的に行うものを内検といい,内検による帳簿を内検帳といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐ちゅう【検注】

鎌倉・室町時代荘園領主や国司が、所領の年貢徴収の基準を定めるために、検注使を遣わして田畑の面積や作物の出来ぐあいなどを調査させたこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

検注【けんちゅう】

荘園公領制下の土地調査。古代検田・校田,近世の検地にあたる。不輸租(ふゆそ)の特権が認められて荘園が成立するときに行う立券検注,荘園内に生じた新田分・加納分に課税するため国司が検田使を荘内に入れて行う荘内検注,荘園領主が年貢公事(くじ)を確保するために検田使を派遣して行うものなどがあった。
→関連項目荒川荘相賀荘官省符荘国地頭近木荘質侶牧曾禰荘太良荘鞆淵荘名手荘

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんちゅう【検注】

古代,中世において土地の領有者,例えば荘園領主や国司などが領地を支配し,そこから租税を収取するために,まず土地の面積を丈量し,耕地の所在を確認し,請作者すなわち租税負担者などを確定する行為をいう。したがって領地を検注する権利は,領地の支配権と一体をなすものである。また検注は耕地以外に,桑,漆や在家などを対象とし,木の本数や軒数を注進したものもある。古代では検田,中世では検注と称せられる場合が比較的多く,近世では検地と呼ばれるが,基本的な性格はほとんど変わらない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんちゅう【検注】

中世、国司・荘園領主が検注使を派遣して行なった荘園の土地調査。年貢徴収の基準を定めるため、土地一筆ごとの面積・等級・所有者・年貢高などを調査して検注帳に記載する。実検。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検注
けんちゅう

中世の土地調査。田畠のみならず、在家(ざいけ)、漆(うるし)・桑・栗(くり)などの調査をもいう。公領では国司、荘園(しょうえん)では荘園領主が実施する。正式な検注は国司や荘園領主の代替りごとに行われるのが常で、正検(しょうけん)、大(だい)検注などとよばれる。検注使が農民の立会いのもとで1区画ごとに地目(ちもく)、面積、年貢負担者名を確定し、これを書き上げた「検注取帳(とりちょう)」を作成する。取帳を基に寺社や役人などへの給与分を決め、年貢の賦課対象となる面積を確定した「検注目録(もくろく)」を作成する。この取帳・目録は、土地領有権を証明するものとして保管され、次の正検まで訂正することは許されなかった。他方、自然災害により年貢量を変更せざるをえないような場合など、限られた目的のために行われる調査は内検(ないけん)とよばれ、しばしば実施された。内検はその時々の臨時調査であり、正検によって確認された権利関係を変えるものではない。土地測量の方法は、国ごと荘園ごとにまちまちで、杖(つえ)や縄を用いたり、歩幅で測ったり、目算による場合もあった。いずれにしろ実測することはまれで、居合(いあい)検注といって、帳簿上の操作だけですますことが多かった。年貢免除地を承認するかわりに勘料(かんりょう)という認定料が徴収されるが、居合検注でも旧来の権利関係をそのまま承認するかわりとして勘料が徴収された。検注の実施が困難になると、勘料徴収が正検の内実となった。中世には検注が土を汚すことと考えられ、土用(どよう)の間はこれを行わなかった。[富沢清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の検注の言及

【隠田】より

…古代では成文化された罰則は見いだしえないが,隠田は没官(もつかん)(没収)されて公廨(くがい)田,職田,口分田に充てられた。中世では,正検注,内検注などの際に隠田の摘発が行われ,隠田の罪科が発覚した場合には隠田者は追放処分を受け,隠田は没収されるのが通法であったと思われる。しかし,そのような措置は荘園領主などにとって必ずしも得策ではなかった。…

【国検】より

…国衙検注または国司検注の略称。古代では,国司は徴税の正確を期するためにしばしば検田使などを派遣し,管国内の公領の面積・税額・名請人(担税者)などの実情を調査させた。…

【新田】より

…荒野などを開墾してできた新しい田地。隠田が領主に申告されていない田地であるのに対して,新田は検注によって領主に把握されている田地である。そして必ずしも新規の開墾地だけでなく,大検注の年に〈年不(ねんふ)〉(その年作付けされていない耕地)だった田地が,新田とされる場合もあった。…

【図師】より

…彼らは田畠などの所在を熟知し,主として土地支配の台帳類の作成などにあたった。一国単位でなされた検田や検畠に際しては,条里坪付に詳しい彼ら図師たちが実際の検注作業を担当した。1158年(保元3)5月の山城国の一国検田では,〈検注図師〉として〈内蔵助元〉などの名がみられる。…

※「検注」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

検注の関連キーワード太田犬丸名柏木御厨蘇原御厨下地中分馬上免久我荘橘知仲名寄帳名請人榎坂郷所有者実検帳若槻荘等級実検鎌倉定使勘料国検取帳

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android