コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検田使 けんでんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検田使
けんでんし

令制において,検田のため諸国に派遣された使者。また,荘園の成立後,荘園を検田するため,国衙で派遣した使者をいう。律令制が動揺するに従って班田制は実施されなくなったが,国衙は適宜検田を行い検田帳を作成し,それに基づいて所当官物を賦課徴収するようになった。このように検田使は収納使とともに国司の命を受けて,荘園の検田や新開田の調査を任務とするようになった。しかし荘園が増大し,発展して不輸の特権を獲得すると,次いで荘園領主は,これら国衙の検田使や収納使の入地を拒否しうる不入の特権を獲得し,国司の支配から完全に離脱していった。 (→不輸・不入 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんでんし【検田使】

律令制で、徴税の正確を期するため、中央から諸国に、また国衙こくがから郡に検田に派遣した使。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検田使
けんでんし

律令(りつりょう)制のもとで国司が田租徴収の正確を期するために管内の田地を調査させた使官。また8世紀に東大寺が寺領荘園(しょうえん)の現地に派遣した使僧を「検東大寺田使」「検田使」「田使」といったが、これも検田使の一種である。10世紀以降、荘園整理令が発せられるようになると、国司は不輸の特権をもつ荘園にしばしば検田使を入れて新規開墾田の摘発を行ったので、これを拒むために荘園領主は検田使の立入りを拒否する権限を得ようとした。これを不入権という。その後、荘園領主自らが荘園内田地の調査のために検注使なるものを派遣することが行われたが、この検注使もときに検田使とよばれた。[虎尾俊哉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の検田使の言及

【検田】より

…また寺社が所有の荘園の経営を行うために必要な調査を行う場合にも検田といい,その任に当たるものを校(検)田使といった。検田使の早い例としては766年(天平神護2)10月21日《越前国司解》(東南院文書)に署名した東大寺少寺主承天などの場合がある。検田の結果は検田帳あるいは検田丸帳としてまとめられ,荘園の所有と経営の基本帳簿となった。…

【四度使】より

…(2)平安時代の中期以後に,国衙領支配のため,国衙の命令によって在地に派遣された,年に4度の使者。出挙(すいこ)使,検田使,計帳使,収納使の4使で,郡司などが任じたらしい。【早川 庄八】。…

※「検田使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

検田使の関連キーワード愛智荘(依智荘)官省符荘不輸不入凡判麻呂大山荘馬上帳愛智荘徴税勘料検注勝位国検入部

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android