上納(読み)ジョウノウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐のう〔ジヤウナフ〕【上納】

[名](スル)
政府などに金品を納めること。「上納金」
年貢米。年貢。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうのう【上納】

( 名 ) スル
政府・官庁に金品を納めること。
年貢米。年貢。 「約束通り昨年小作料の残り半分も-せよと厳達せられた時/良人の自白 尚江
俗に、上部団体などに金を納めること。 「 -金」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐のう ジャウナフ【上納】

〘名〙
① (━する) 物やを官府に納めること。
甲陽軍鑑(17C初)品三三「悪所を引替、上納(ナフ)にて被下」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)五「右の金子を年々に割付上納(ジャウナフ)いたすならば」 〔福恵全書‐銭穀部・比較・比限説〕
② 年貢米。年貢。
村役人(中村六左衛門)宛一茶書簡‐文政四年(1821)一二月二九日「金一歩づつ上納同様上納仕候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上納の言及

【未進】より

…1428年(正長1)興福寺が奈良に発布した徳政令では,昨年以前の未進年貢が徳政令の対象となっているが,これは未進年貢に利子が付されたことと関係があるものと考えられる。【黒川 直則】 近世では,年貢などの賦課物を納入することを上納(じようのう)といい,領主からの割付(わりつけ)額を全部上納することを皆済(かいさい)といった。年貢を最初から少しも上納しないことを不納(ふのう)といい,一年間不納を続ければ田畑を没収して村中に預け,村総作(むらそうさく)にさせた。…

※「上納」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上納の関連情報