コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国俊(2) くにとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国俊(2) くにとし

?-? 鎌倉時代の刀工。
山城(京都府)来(らい)派。に「来」の字を冠するので「来国俊」とよばれ,「二字国俊」と区別される。両者については同一人物説,親子・兄弟説などがある。弘安(こうあん)元年(1278)から元亨(げんこう)元年(1321)にいたる年紀作をのこす。「来国俊」銘の国宝に太刀1口(ふり),小太刀1口,短刀2口があり,ほかに重要文化財も6口ある。通称は来孫太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国俊(2)の関連キーワード鎌倉時代山城刀工

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android