コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分一太郎 こくぶん いちたろう

3件 の用語解説(国分一太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国分一太郎 こくぶん-いちたろう

1911-1985 昭和時代の児童文学作家,教育評論家。
明治44年3月13日生まれ。小学校教師となり生活綴方(つづりかた)運動に参加するが,昭和12年相沢ときとの共著「教室の記録」により免職となる。戦後は綴方運動の復興や民主教育運動の推進に指導的役割をはたした。昭和60年2月12日死去。73歳。山形県出身。山形師範卒。著作に「新しい綴方教室」,児童文学作品に「鉄の町の少年」「リンゴ畑の四日間」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国分一太郎
こくぶんいちたろう
(1911―1985)

児童文学作家、評論家。山形県に生まれ、山形師範学校を卒業。教員生活中、非合法な組合運動で検挙される。第二次世界大戦後、現在の日本児童文学者協会設立(1946)、日本作文の会結成(1950)に参加する。『鉄の町の少年』(1954)、『リンゴ畑の四日間』(1956)など、民主主義人間像確立の過程をわかりやすく読みやすい物語で描き、若い作家たちに大きな影響を与えた。また『生活綴方(つづりかた)読本』(1957)などで綴方運動にも主導的役割を果たす。[神宮輝夫]
『『国分一太郎児童文学集』全6巻(1967・小峰書店) ▽『国分一太郎文集』全10巻(1983~85・新評論)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国分一太郎の関連キーワード朝鮮映画桂太郎内閣皮革工業指紋押捺制度世界女性会議岩石区スバル家内労働大分(市)次郎長三国志

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国分一太郎の関連情報