コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分一太郎 こくぶん いちたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国分一太郎 こくぶん-いちたろう

1911-1985 昭和時代の児童文学作家,教育評論家。
明治44年3月13日生まれ。小学校教師となり生活綴方(つづりかた)運動に参加するが,昭和12年相沢ときとの共著「教室の記録」により免職となる。戦後は綴方運動の復興や民主教育運動の推進に指導的役割をはたした。昭和60年2月12日死去。73歳。山形県出身。山形師範卒。著作に「新しい綴方教室」,児童文学作品に「鉄の町の少年」「リンゴ畑の四日間」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくぶんいちたろう【国分一太郎】

1911~1985) 教師・教育評論家。山形県生まれ。山形師範学校卒。綴つづり方教師として活躍、第二次大戦後は、教育評論家として、綴り方教育の普及に尽力。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国分一太郎
こくぶんいちたろう
(1911―1985)

児童文学作家、評論家。山形県に生まれ、山形師範学校を卒業。教員生活中、非合法な組合運動で検挙される。第二次世界大戦後、現在の日本児童文学者協会設立(1946)、日本作文の会結成(1950)に参加する。『鉄の町の少年』(1954)、『リンゴ畑の四日間』(1956)など、民主主義的人間像確立の過程をわかりやすく読みやすい物語で描き、若い作家たちに大きな影響を与えた。また『生活綴方(つづりかた)読本』(1957)などで綴方運動にも主導的役割を果たす。[神宮輝夫]
『『国分一太郎児童文学集』全6巻(1967・小峰書店) ▽『国分一太郎文集』全10巻(1983~85・新評論)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国分一太郎の関連キーワード生活記録運動国分 一太郎平野婦美子二十四の瞳昭和時代滑川道夫奥田靖雄尽力

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android