コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家経済会議 コッカケイザイカイギ

デジタル大辞泉の解説

こっかけいざい‐かいぎ〔コクカケイザイクワイギ〕【国家経済会議】

米国の大統領府に設置された主要な行政組織の一。省庁間の政策を調整し、国内外の経済政策を立案し、大統領に助言する。国家安全保障会議(NSC)の経済版として、1993年にクリントン大統領が設置した。初代委員長はロバート=ルービン。NEC(National Economic Council)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国家経済会議【こっかけいざいかいぎ】

米国の大統領行政府内で,経済政策の総合調整にあたる機関。1993年クリントン政権の際に創設。議長は大統領,構成員は通商代表部(USTR)代表,大統領経済諮問委員会(CEA)委員長,財務省や商務省の代表と大統領補佐官など20名。
→関連項目国家安全保障会議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国家経済会議の関連キーワードジーン スパーリングローレンス サマーズフィデル カストロロバート ルービンスーパー301条経済議会ランゲ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家経済会議の関連情報