コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国政改革評議会[タイ] こくせいかいかくひょうぎかい[タイ]National Administrative Reform Council; NARC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国政改革評議会[タイ]
こくせいかいかくひょうぎかい[タイ]
National Administrative Reform Council; NARC

1973年の十月学生革命後文民政権が続いたタイでは,以後も学生,労働者,農民左派と右派の対立が続いた。 76年 10月6日には軍部主流派によるクーデターが発生,サガット・チャロユー国防相を議長とする国政改革評議会が全権を掌握した。同評議会はただちに民主化憲法の 1974年憲法を破棄し,議会・政党の解散,結社・報道の自由などの諸権利を停止する一方,同評議会を顧問団とするタニン・クライビチエン文民内閣を発足させた。 10月下旬には新憲法を公布し,11月には国政改革議会を発足させるなど,陰の内閣として実権をふるった。 77年 10月のクーデター後は,「王国統治憲章」によって法制化され,国家政策会議に改組された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国政改革評議会[タイ]の関連キーワード秋山清神代辰巳沢渡朔ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰新藤兼人

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android