コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国書解題 こくしょかいだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国書解題
こくしょかいだい

上古以来慶応3 (1867) 年までの日本人の編著にかかわる書籍。帝国図書館 (→国立国会図書館 ) ,内閣文庫 (→国立公文書館 ) ,東京大学東京高等師範学校,京都の佛教大学の各付属図書館などに現存した2万 5000部を五十音順に配列して解題と著者略伝を加えて,当初 1897年から分冊で,1900年には合本初版を,1904年に増訂版を刊行したもの。佐村八郎編。著者索引分類索引,字画索引を付す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくしょかいだい【国書解題】

解題書。佐村八郎編。明治30~33年(1897~1900)刊。古代から慶応3年(1867)までの日本の書物約2万5000部を、五十音順に配列して解説したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくしょかいだい【国書解題】

上代から1867年(慶応3)までに著述された国書の解題書。佐村八郎編。1897(明治30)~1900年刊。1904年増訂第二版刊。二万五千余部の国書を五十音順に配列、解題する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国書解題の関連キーワード国書総目録解題書誌上代国書

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android