コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国有財産法 こくゆうざいさんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国有財産法
こくゆうざいさんほう

昭和 23年法律 73号。国有財産の管理 (取得維持保存および運用) と処分について基本的な事項を定めた法律。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こくゆうざいさんほう【国有財産法】

国有財産の管理および処分に関する基本的事項を定めた法律。旧法を改正して1948年(昭和23)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の国有財産法の言及

【国有財産】より

…国の負担で国有となった財産,法令の規定により国有となった財産,または寄付により国有となった財産で,国有財産法(1948公布)2条および43条に規定されているものをいう。国有財産は行政財産と普通財産に大別される。…

※「国有財産法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国有財産法の関連キーワード国の債権の管理等に関する法律国有財産・公有財産国有地信託制度皇室用財産公共用財産企業用財産物品管理法行政財産普通財産公用財産国有林野公共用物公有財産会計法海岸法財政法公用物国有林公共物旧法

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国有財産法の関連情報