国有財産法(読み)こくゆうざいさんほう

大辞林 第三版の解説

こくゆうざいさんほう【国有財産法】

国有財産の管理および処分に関する基本的事項を定めた法律。旧法を改正して1948年(昭和23)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こくゆうざいさん‐ほう コクイウハフ【国有財産法】

〘名〙 国有不動産、重要な動産船舶航空機等)、権利地上権、著作権、特許権等)および有価証券の管理および処分に関する基本法。大正一〇年(一九二一)施行の旧法に代わって昭和二三年(一九四八)制定された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国有財産法の言及

【国有財産】より

…国の負担で国有となった財産,法令の規定により国有となった財産,または寄付により国有となった財産で,国有財産法(1948公布)2条および43条に規定されているものをいう。国有財産は行政財産と普通財産に大別される。…

※「国有財産法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android