コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国木田収二 くにきだ しゅうじ

1件 の用語解説(国木田収二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国木田収二 くにきだ-しゅうじ

1878-1931 明治-大正時代の新聞記者。
明治11年9月1日生まれ。国木田独歩の弟。国民新聞社に入社。日清戦争当時,同社の従軍記者となった独歩が収二あての手紙体で戦況報告をおくり,「愛弟通信」としてもてはやされた。のち「神戸新聞」「読売新聞」の主筆をつとめた。昭和6年3月4日死去。54歳。広島県出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国木田収二の関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳東京(都)井上財政満州事変エアトンメンデンホールローレンツ金子堅太郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone