コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国木田収二 くにきだ しゅうじ

1件 の用語解説(国木田収二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国木田収二 くにきだ-しゅうじ

1878-1931 明治-大正時代の新聞記者。
明治11年9月1日生まれ。国木田独歩の弟。国民新聞社に入社。日清戦争当時,同社の従軍記者となった独歩が収二あての手紙体で戦況報告をおくり,「愛弟通信」としてもてはやされた。のち「神戸新聞」「読売新聞」の主筆をつとめた。昭和6年3月4日死去。54歳。広島県出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

国木田収二の関連キーワード猪股為次上総一川尻東馬柴田かよ白河鯉洋対馬健之助羽田浪之紹花岡敏隆松宮幹樹三木善八

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone