神戸新聞

百科事典マイペディアの解説

神戸新聞【こうべしんぶん】

1898年川崎造船所の川崎芳太郎が創刊。1931年大阪時事新報社,京都日日新聞社と合併三都合同新聞社となったが,1935年分離,再び神戸新聞社発行となる。1948年《デイリースポーツ》を創刊したが,1955年これを分離独立させた。本社は神戸市。朝刊部数約53万部,夕刊28万部(1998)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうべ‐しんぶん かうべ‥【神戸新聞】

神戸市に本社のある日刊新聞。明治三一年(一八九八)川崎芳太郎が創刊。昭和六年(一九三一)「大阪時事新報」「京都日日新聞」と合併して「三都合同新聞」を設立。同一〇年、他の二紙と分離して現在に至る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神戸新聞の関連情報