コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民文化 こくみんぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんぶんか【国民文化】

一つの国家の国民の多くが共通の知識としてもち,国民全部にとって妥当性があるとされる文化をいう。国民文化の創出は,アジア,アフリカなどの新興諸国,とりわけ多民族国家における国民形成nation buildingの過程において重要な課題となる。国家をつくっている段階の文化(人類学で文明と呼ぶもの)においては,文化的伝統は単一でなく,学校,神殿などにおいて,文字を媒介として少数のエリートに伝えられる大伝統と,一般民衆に家庭や共同体において口承によって伝えられる小伝統とが並存している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国民文化の言及

【ヨーロッパ】より

…17世紀,デカルトの登場と科学革命の展開は,近代的思惟のかなめとして〈理性〉を定礎し,18世紀啓蒙思想は,宗教批判を内包しつつ,〈文明〉こそが人類普遍の原理と考えるに至るからである。 以上の,ヨーロッパのアイデンティティ確認と並行して,まさにこの近世において〈国民文化〉への志向が強く立ち現れてくる。普遍宗教を意味したカトリシズムに対し,宗教改革のさまざまな潮流が生まれたことは,中世的統一の解体に資するところ大であったが,カトリシズム自体もフランスのガリカニスム(フランス国家教会主義)にみられる通り,漸次国家単位の枠組みを好むことになるだろう。…

※「国民文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国民文化の関連キーワード障害者団体用郵便料金割引制度焼津 国文戦隊 魚レンジャーマルティン(スロバキア)グローバリゼーション国民精神文化研究所ドイツ国民に告ぐ佐藤晃一(2)日本国家社会党吉田 甲子太郎吉川英治文庫賞塚原 健二郎ウェルゲラン吉田 テフ子飛鳥井 雅道香りの記念日射手座造船所ブンカッキー稲葉 三千男外国語教育吉川 英治

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民文化の関連情報