多民族国家(読み)たみんぞくこっか

日本大百科全書(ニッポニカ)「多民族国家」の解説

多民族国家
たみんぞくこっか

多くの民族を包含する国家。この場合、支配的な民族(あるいは諸民族)が他の民族(あるいは諸民族)を軍事力によって従属させる植民地支配は、多民族がその領域内に居住しているが、帝国または植民地帝国とよんで、多民族国家とはいわない。たとえば、スペインのように国内にカタルーニャ、バスクといった民族を抱えている国を多民族国家とよぶ場合もある。民族の定義の仕方にもよるが、種族や言語・宗教などの異なる住民(エスニシティ集団)を抱えた国を多民族国家とよぶならば、アジアやアフリカおよび中南米の諸国はたいてい多民族国家といってもよいかもしれない。このように多民族国家ということば自体は、はなはだあいまいであり、社会科学的な範疇(はんちゅう)ではない。

 しかし、一般的には現代において、多民族国家としてあげられるのは、ロシア連邦、アメリカ合衆国および中国、インドである。中国は少数民族の種類が多いが、その人口の絶対数はさして多いものではなく、チベット自治管区など五つの自治区および自治州・自治県をつくっている。アメリカは人種的に複雑な構成をもっており、白人が人口の8割以上を占めるが、その系統はさまざまである。人口の1割程度を占めるのが黒人で、さらに先住民およびアジア系が約1%を占める。多民族国家としてのアメリカは、言語的にほぼ一様で、諸エスニシティの混在を特徴とし、ロシアや中国とは異なっている。インドでは言語別に州が分かれ、各州では異なった言語が存在する。

[斉藤 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android