コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国籍裁判官 こくせきさいばんかんnational judge

3件 の用語解説(国籍裁判官の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国籍裁判官
こくせきさいばんかん
national judge

国際司法裁判所で事件が審理される際に,各紛争当事国の国籍を有する裁判官は,裁判所に係属する事件について出席する権利を有し,これを国籍裁判官,そして国際司法裁判所規程では Judge of the Nationalityと呼ぶ。また裁判官席のなかに国籍裁判官を有しない紛争当事国は,特任裁判官または臨時裁判官 (ad hoc judge) と呼ばれる新たな裁判官を選任することができるが,これをも国籍裁判官と呼ぶ場合が多い。ただしこの場合は紛争当事国の国籍を有する必要はない。この制度は国際仲裁裁判の名残りともみられるものであるが,紛争当事国の主張が十分に代弁されることによる判決の実効性の確保,訴訟上の平等の確保という配慮がその趣旨と考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくせき‐さいばんかん〔‐サイバンクワン〕【国籍裁判官】

国際司法裁判所に付託された紛争を処理する法廷に臨時に出席することを認められる、紛争当事国の国籍を有する裁判官

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくせきさいばんかん【国籍裁判官】

国際司法裁判所に付託された紛争の処理に際して、紛争当事国の裁判官がいない場合に臨時に選任される当事国の国籍を有する裁判官。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の国籍裁判官の言及

【国際裁判】より

…裁判官席の配分については明確な基準はないが,実際には政治的・地理的基準により行われる(欧米5,東欧2,ラテン・アメリカ2,アジア・アフリカ6の比率)。なお,国籍裁判官制度に基づき,裁判官は自国が当事者である裁判にも出席でき,裁判所に当事国の国籍をもつ裁判官がいない場合には,その当事国は当該事件に限り特別の裁判官(臨時裁判官)を選任して裁判に参加させることができる。一般的に,国際裁判所の構成上の特徴は,国際政治状況を如実に反映し,政治的性格をもつ点にある。…

※「国籍裁判官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone