コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国籍裁判官 こくせきさいばんかん national judge

3件 の用語解説(国籍裁判官の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国籍裁判官
こくせきさいばんかん
national judge

国際司法裁判所で事件が審理される際に,各紛争当事国の国籍を有する裁判官は,裁判所に係属する事件について出席する権利を有し,これを国籍裁判官,そして国際司法裁判所規程では Judge of the Nationalityと呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくせき‐さいばんかん〔‐サイバンクワン〕【国籍裁判官】

国際司法裁判所に付託された紛争を処理する法廷に臨時に出席することを認められる、紛争当事国の国籍を有する裁判官

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こくせきさいばんかん【国籍裁判官】

国際司法裁判所に付託された紛争の処理に際して、紛争当事国の裁判官がいない場合に臨時に選任される当事国の国籍を有する裁判官。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国籍裁判官の言及

【国際裁判】より

…裁判官席の配分については明確な基準はないが,実際には政治的・地理的基準により行われる(欧米5,東欧2,ラテン・アメリカ2,アジア・アフリカ6の比率)。なお,国籍裁判官制度に基づき,裁判官は自国が当事者である裁判にも出席でき,裁判所に当事国の国籍をもつ裁判官がいない場合には,その当事国は当該事件に限り特別の裁判官(臨時裁判官)を選任して裁判に参加させることができる。一般的に,国際裁判所の構成上の特徴は,国際政治状況を如実に反映し,政治的性格をもつ点にある。…

※「国籍裁判官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国籍裁判官の関連キーワード移送常設国際司法裁判所法廷国際裁判所司法裁判所EU 司法裁判所EU司法裁判所ヨーロッパ司法裁判所国際司法裁判所(ICJ)の勧告的意見国際司法裁判所(ICJ)